現金かはグレーなやり方である

現金かはグレーなやり方である

クレジットカード現金化は、クレジットカード会社にとって認可されているやり方ではありません。
つまりどういうことかというと、クレジットカードというものの利用規約に違反しているやり方である、ということです。
もし度を越してクレジットカード現金化をすると、利用規約違反としてクレジットカード会社からマークされることおもあります。

ショッピング枠というものの意義

金色のカード
なぜそもそもクレジットカードを現金化するという行為がNGになってくるのかというと、これがショッピング枠を使った現金を入手する方法になるからです。
クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠という二つの枠がありますが、このうちキャッシング枠は現金を引き出すための枠になります。
つまり、その時々で現金が必要になった場合には、キャッシング枠を使うということがクレジットカード会社側の意図なのです。
それにも関わらず、現金化の場合にはショッピング枠を使って商品を購入し、これを現金化するというやり方を取っているため、これが規約違反に当たるのです。

どうしてもお金が欲しい場合の緊急手段

どうしてもお金が必要というときに、キャッシング枠そのものも使い果たしてしまっていて、お金を引き出すことができない、という場合もあるかもしれません。
そのときの非常の手段として、キャッシング枠ではなくショッピング枠を使った現金化という発想が生まれてきます。
つまり、ショッピング枠を使って商品を購入して、それを転売するという形で現金を得るという発想です。
そして、こういった需要があることを知り、現金化を代行することを主なサービスとする現金化の業者も生まれてくることになります。

利用規約であることを承知して


こういったクレジットカードの使い方は、クレジットカード会社にとっては完全な利用規約違反になります。
いわば規約の裏をついたグレーなやり方なので、明らかに違法というわけではないかもしれませんが、クレジットカード会社側にとっては無視できない行為です。
そのため、発覚すればカード利用停止になることもありますし、業者を使っているからといってその方法が認可されるわけではありません。
また現金化を繰り返す行為は、多重債務状態を助長するものとされているため、一時的に現金を得てその場しのぎをするのではなく、もっと根本的な解決策を模索していかなければなりません。
どうしてもほかにやりようがないときの現金化、と考えておきましょう。

次の記事: を読む »
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017借り入れよりも断然手軽。現金化を活用しようAll Rights Reserved.